QLOOKアクセス解析
イメージ画像

専門家に頼むメリット

この世の中には何かにつけて契約をすることが日常茶飯事にあります。

保険の加入もまたその一つといえます。

そして、契約をする際には専門家に相談することもよくあるのではないでしょうか。

例えば、保険の場合だとファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは金融や税金に関する様々な勉強を経て国家試験を通過しないと取得できない資格ですので、容易に取れるものではありません。


専門的な知識を蓄えた者にだけ与えられるという点でもかなり頼りがいがあります。

実際にこのような専門家に相談して保険の加入をするのと知識があまりないスタッフに言われるがまま契約へと誘導させられるのでは、後々、保険料の差や契約内容に対する不満といった形で顕著に表れてきます。


専門家に頼むと一体どのようなメリットがあるのか説明すると、まずは保険料の軽減です。

特に代理店の場合ですと取扱保険会社も多いため、どのプランが一番良いのか迷ってしまうことが多いといえます。

また、保険は複雑ですので一見安いと思っていた保障プランでも総支払い額を翌々確認すると高くついてしまうということも考えられます。


素人判断では失敗が付きものとなってしまうのが保険ですので、満足できる保険の加入を考えるとファイナンシャルプランナーの力がどうしても必要になってきます。


そして、もう一つメリットをいうと契約者に無理のない支払いであるかを第三者の目でしっかりと分析して答えを出してくれるところです。 シミュレーションをする場合、自分で行うと手間がかかりますし専門家ではないが故に間違った解釈の仕方で、後でとんでもない目に遭ってしまうことも考えられます。


その点、保険代理店に属するファイナンシャルプランナーに相談して、シミュレーション行ってくれるところだとしっかりと分析してくれますので安心です。


また、契約者の疑問でよくあることといえば、どの保険に加入すれば良いか分からないといったことをよく聞きます。

例えば、先に住宅ローンを組んでいる方の場合、ほとんどの金融機関で団体信用生命保険への加入が義務付けられます。

通称、団信と呼ばれるものでローンの契約者に万が一のことがあったときに住宅ローンを保障してくれる保険です。

そして、住宅ローンの後に生命保険の加入を検討している方で団信に加入しているから、生命保険に加入する必要はないだろうと考える方が稀にいらっしゃいます。


団信と生命保険は似ていますが別物です。

一概には言えませんが、一般的に両方入るのが妥当だと考えられています。

このように、正しい解釈が出来るようになるという点でも専門家に頼むメリットは大いにございます。


このページの先頭へ